www.petrousaha.com

バンクーバー朝日軍の厳しい船出

若い選手達を発掘、育成することでカナダで通用するような野球チームを作ると言う目的で結成されたバンクーバー朝日軍、しかしその船出は決して順風満帆なものではなく、むしろ荒波に飛び込む様な船出となりました。

 

下部リーグへの出場を許されたバンクーバー朝日軍はその実力を早くから見せつけていましたが、白人チームやそのファンからの強烈なヤジ、そして白人の審判までもが相手チームに有利なジャッジを下すなど、この日系チームにとっては大きな足かせとなりました。
詳細を知りたい方はバンクーバーの朝日に情報が書いてます。

 

その背景には当時の日系人に対する白人の差別があります。真面目で勤勉な日系人達は雇い主からは大変重宝された反面、白人達からは忌み嫌われる存在でありました。理由は日系人が活躍すると職を奪われる白人達がいたからです。

 

そんな白人達が集まり、日本人街を襲撃する事件が起こります。自分の身を守ろうと日系人達は必死な抵抗を試みましたがその結果、野蛮な種族であると判断されてしまい、長い間理不尽な差別を受け続ける事となりました。